エックスサーバーで簡単にWordPressのデータをバックアップする方法

WordPressバックアップ WordPress構築

こんにちは。

BEGINNER NET(ビギナーネット)のいけだです。

 

今回は、エックスサーバーで

WordPressのデータをバックアップする一番簡単な方法をお伝えします。

 

ブログを書き始めたら、必ずやっておきたいのがバックアップですよね。

 

いやぁー。めんどくさいし…。

バックアップしなくても大丈夫じゃない?

 

なんて思っていませんか?

 

「バックアップとっといてよかった~~~~!」ってこと、意外とあるんです!

 

私の知り合いでも、「画面が真っ白になって、

WordPressにログインできなくなっちゃった…」ってことが起こったことがあります。

 

他にも、WordPressのプラグイン更新時にトラブルが起こったり、

なんらかのミスでデータが破損してしまったり、

最悪ブログが消えてしまう可能性もゼロではありません。

え!データがない!

 

一生懸命作ってきたサイトが、突然なくなってしまうリスクを防ぐために、

データのバックアップは絶対にとっておきましょう。

 

バックアップするデータは2種類ある

そうなんです。

2種類のデータ、ふたつともないとダメなんです。

 

それぞれどんな役割なのか見てみましょう。

 

◆ファイルに含まれているデータ

  • WordPress本体の情報
  • テーマやプラグインの設定
  • 画像ファイル

 

◆データベースに含まれているデータ

  • 記事(文章)
  • カテゴリやタグ
  • 更新日時などの情報

 

このように、2つのデータが合わさってブログが成り立っています。

 

どちらが欠けても、元の状態に戻すことはできなくなりますので、

両方ともしっかりバックアップをとっておきましょう。

 

管理しているウェブサイトの数や、データ量にもよりますが、

バックアップには多少時間がかかります。

 

時間に余裕のある時に行いましょう。

 

【ファイル】のデータをバックアップしよう

まずはファイルのバックアップからやっていきましょう。

 

1.エックスサーバーの【サーバーパネル】にログインする。

     【バックアップ】という項目をクリック。

バックアップをクリック

 

2.【ホームディレクトリ】右側の【ダウンロード】ボタンをクリック。

ダウンロードをクリック

 

※このホームディレクトリには、サーバーにアップロードされている
全てのドメインのデータが含まれています。

ホームディレクトリの数は、管理しているドメイン数により変わります。

 

データを全部まとめてバックアップしたいときはホームディレクトリから、

特定のドメインをバックアップしたいときは、

それぞれのドメインごとにデータをダウンロードしていきます。

 

今回は全部まとめてダウンロードしましょう。

 

ダウンロードが開始されると、こんな画面になります。

ダウンロード開始

 

ダウンロードが完了したら、データを確認してみましょう。

.tar.gzというファイルがダウンロードされる

 

このように、【.tar.gz】というファイルがダウンロードできていればOKです。

 

【データベース】のデータをバックアップしよう

1.左上のロゴをクリックして、サーバーパネルの最初の画面に戻ります。

サーバーパネルに戻る

 

2.下の方にある【MySQLバックアップ】をクリック。

MySQLバックアップをクリック

 

3.【手動バックアップ】をクリック。

手動バックアップをクリック

 

4.【gz形式】にチェックを入れて、【エクスポート実行】をクリック。

  ※このMySQLの数も、管理しているドメイン数によって変わります。

 

こんな画面になります。

 

自動的にダウンロードが開始されますが、しばらくたっても開始されない場合は

【ダウンロードする】ボタンをクリックしてください。

 

 

実はこのファイルはまとめてダウンロードすることができないんです。

 

1つダウンロードしたら、また手順3に戻って、

全てのファイルをダウンロードしてくださいね。

 

 

ダウンロードしたデータを確認・保存する

では、ダウンロードしたデータを確認してみましょう。

 

ファイル名の末尾が、【.tar.gz】になっているのがファイルのデータ

.sql.gz】になっているのが、データベースのデータです。

 

この2種類のデータをひとつにまとめて保存しておくのがおすすめです。

 

私はこんなふうに、ひとつのファイルにまとめています。

ファイル名をバックアップした日付にして、3か月たったものは消しちゃってます。

管理しやすくておすすめです。

まとめて保存しよう

 

ちなみに、このデータは複数の場所に保管しておきましょう。

 

パソコン本体だけに保存していると、もしパソコンが故障してしまったら、

せっかくバックアップしていたデータも取り出せなくなるかもしれません。

 

外付けハードディスクやクラウドストレージなどにも保管しておきましょう。

 

 

いかがでしたか?

 

プラグインやWordPressを更新する前は特に、バックアップをする事をおすすめします。

 

少し面倒ですが、データがなくなるリスクを考えたらどうってことないと思います。

定期的に行っておきましょう。