あなたのブログは大丈夫?プライバシーポリシーを設置しよう【内容が大切】

プライバシー その他

こんにちは、いけだです。

ブログを運営するときに忘れてはいけないのが「プライバシーポリシーを記載したページ」。個人で運営するだけでも必要です。作っていますか?

ちゃんと作ったよ!コピペだけど。

という方も多いのではないでしょうか?
もちろんコピペでもOKなんですが、大切なのがその内容。

あなたのブログに合った内容でなければ、知らないうちに規約違反をしてしまう可能性があるんです。

まだプライバシーポリシー作ってない。

あまり考えないでコピペしちゃったけど大丈夫かな?

という方はぜひ参考にしてくださいね。
プライバシーポリシーは、実はあなたを守るものでもあるんです。

この記事では「プライバシーポリシーってそもそも何?」ということから、その作り方までご紹介します。(この記事は企業ではなく個人ブロガー向けに書いています。)

そもそもプライバシーポリシーって何?

プライバシーポリシーって言葉はよく聞くけど、あまり深く考えたことはないかも。

Wikipediaによると・・・

プライバシーポリシー (英語privacy policy) は、 インターネットウェブサイトにおいて、収集した個人情報をどう扱うのか(保護するのか、それとも一定条件の元に利用するのか)などを、サイトの管理者が定めた規範のこと。個人情報保護方針などともいう。

引用元:Wikipedia

ようするに、「このブログで得た個人情報はこうやって取り扱いますよ」という方針を明記したものです。

よく「Google AdSenseの審査のためにプライバシーポリシーが必要」と言われたりしますが、アドセンス関係なくプライバシーポリシーは必要です。

ではどんなブログに必要なのか、具体的にみていきましょう。

どんなブログに必要なの?

結論から言うと(ほぼ)すべてのブログにプライバシーポリシーが必要です。

プライバシーポリシーが必要な場合の主な理由はこんな感じ。

・お問い合わせフォームがある(名前やメールアドレスを入力する)
・Googleアナリティクスを使ってアクセス解析をしている
・アドセンスやアフィリエイト広告を掲載している

お問い合わせフォームがある

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームは絶対に作っておいた方がいいです。

「お問い合わせフォームがない」=「連絡手段がない」ってことになりますよね。

各記事にコメント欄を設けている場合はコメントでやりとりできますが、お問い合わせフォームの方が断然おすすめです。

私が特にお問い合わせフォームの大切さを実感したのは、ASPから特単(特別単価)の連絡がきたときでした。

誰もが見れるコメント欄に特単の連絡がきたなんて、聞いたことないですよね。

Googleアナリティクスを使ってアクセス解析をしている

アナリティクス

ブログを始めたらGoogleアナリティクスは利用しておきたいですね。
いろいろなことがわかります。

たとえば、

・ブログのアクセス数はどれくらいか
・よく読まれているのはどの記事か
・閲覧者のパソコン・スマホの割合は?
・ブログを訪れた人がどういうキーワードを検索してきているのか

などなど。他にもいろいろありますが、これらが無料で利用できるんです。

Googleアナリティクスを利用するには、「Googleアナリティクスを使ってますよ」ってことを、プライバシーポリシーに記載する必要があります。

サイトやアプリで Google アナリティクスを使用する際は、Google アナリティクスを使用していることに加え、Google アナリティクスでデータが収集、処理される仕組みについて開示する必要があります。

引用元:Googleアナリティクス

このようにGoogleアナリティクスでは、記載の必要性がしっかり明記されています。
記載しないとルール違反になってしまうんですね。

アドセンスやアフィリエイト広告を掲載している

ブログ

Googleアドセンスを利用している場合も同様です。

Googleアドセンスでは、実際には結構長い文章で説明されています。
規約違反にならないように、プライバシーポリシーに明記しておきましょう。

 

また、アフィリエイトなどの広告を掲載している場合にもその旨を記載する必要があります。
たとえばAmazonアソシエイトでは、運営規約に以下のような記載がされています。

プライバシー規約その他を通じて、乙が乙のサイトの訪問者からデータを収集、使用、保管および開示する方法ならびに該当する場合は第三者(甲および他の広告掲載者を含みます。)がコンテンツおよび広告を提供し、サイトの訪問者から直接情報を収集し、サイトの訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があることを、乙のサイト上に正確かつ適切に開示すること。

Amazonアソシエイト・プログラム運営規約

普段サービスを利用するときに、「こんなに長々と書かれた利用規約を読む人はいるんだろうか?」と思うものですが、書かれている以上守らなければなりませんね。

自分を守ってくれる免責事項

プライバシーポリシーには「免責事項」という項目があります。
免責事項の記載はとても大切です。何か不測の事態が生じた場合に、責任を免れることができます。

不測の事態ってどういうこと?

たとえば十分気をつけていても、【掲載されている情報が古くなっていて、内容が変わっていた!】ということもあり得ますよね。

でも「この記事を信じて行動したら損失がでてしまった!どうしてくれるんだ!」などと言われてしまったら大変です。

そこで、免責事項にはこのようなことを記載します。

・内容の正確性や安全性については保障できないということ。
・このブログの情報により損失や不都合なことが発生しても、責任は負えないということ。

もちろん正確な情報を発信するよう努めるのは大前提ですが、特にインターネットの世界では、どんどん情報が更新されていきます。追いついていけないこともあるかもしれません。

免責事項を記載しておくことは、自分の身を守ってくれることになります。
必ず記載しておきましょう。

どうやって書けばいいの?

検索

「プライバシーポリシー コピペ」で調べれば、雛形がたくさんでてきます。

でも、ちょっと待って!
そのプライバシーポリシーの内容は、あなたのブログに合っていますか?

まずは、自分と似たような内容のブログのプライバシーポリシーをいくつか見てみましょう。
いくつか見ていくと、どんな内容を書かなければいけないかということが、だいたいわかってきます。

ちなみに私の場合は、

・ブログ内容の無断掲載禁止
・個人情報の利用目的
・情報の取得
・情報の利用・開示
・当サイトに掲載されている広告
・免責事項

現在はこの6つの項目を記載しています。(今後変更する可能性もあります。)
順番に解説していくので、当てはまるものがあるばぜひ参考にしてください。

ビギナーネットのプライバシーポリシーはこちら
コピペOKですが、内容を確認して、必要なところは書き換えてくださいね。

ブログ内容の無断掲載禁止

がんばって書いた記事を勝手にコピペされちゃってたら嫌ですよね!
それに、もしもそれでGoogleにこっちがコピペの文章載せてるって判断されちゃったら最悪…。

そこでこのブログには著作権があることを明示して、無断で引用することや全文転載することを禁止する内容を書いています。

「引用してもいいけど、ちゃんと引用の表記をしてね」ってことも書いておきましょう。

個人情報の利用目的について

当ブログでは、お問い合わせフォームを設置しています。
メールでのお問い合わせの際に、名前(ハンドルネーム)とメールアドレスを登録する必要があるんです。

これはまさに個人情報。

「悪用しません」ってことをきちんと書いておく必要がありますね。
私のブログでは、「メールでの連絡という目的以外には使いません」って書いています。

情報の取得について

ここでは「Googleアナリティクス」を利用してアクセス解析をしていますよってことを書いています。

また、GoogleアナリティクスではCookieを使用するので、Cookieに関しても記載しています。
ざっくり言うとこんな内容。

・Googleアナリティクスの情報収集にはCookieを使用していること
・Cookieに記録される情報には個人を特定する情報は含まれないこと
・抵抗がある場合、Cookieを無効にすれば情報収集されないように設定できること

情報の利用・開示について

「このブログで知り得た個人情報に関して、本人の許可なく第三者に教えたりしません」という内容です。

このブログの場合はお問い合わせフォームで必要な、名前とメールアドレスが当てはまります。

また、法的強制力のある請求の場合は別ですよってことも念のため記載しています。

当サイトに掲載されている広告について

こちらは広告についてですね。

「第三者配信の広告サービスを利用しています」という内容を書いています。
利用している広告サービスの名前(ASP)も添えています。

免責事項

このブログで記載している情報について、正確な情報を掲載するように努めているけれど、もしも情報が古くなっていたり、間違っている内容があったりしても責任は負えませんという内容です。

またリンク先の商品のお問い合わせなどは、各店舗に確認してねってことにも触れています。

まとめ:ブログに合った内容のプライバシーポリシーを作ろう

いかがでしたか?プライバシーポリシーは利用しているサービスの内容などによって変わります。
あなたのブログに合った内容でないと、せっかく設置していても意味がなくなってしまうんですね。

自分のブログにはどの項目が必要なのかを見ながら、ぜひプライバシーポリシーを作ってみてくださいね。