初心者でも簡単!WordPressブログ構築におすすめのレンタルサーバー【エックスサーバー】の登録手順を解説します。

WordPress構築

こんにちは。

BEGINNER NET(ビギナーネット)のいけだです。

 

今回はWordPressブログの開設に必要な、

レンタルサーバーの登録手順について、図解でご紹介していきます。

 

登録する前に、

「サーバーって何?」「どうしてエックスサーバーがおすすめなの?」

というところにも触れています。

 

もし、「そんなこと知ってるよ!」

「はやくエックスサーバーに登録したいんだよ!」

という方は読み飛ばして登録手順から見てくださいね。

 

サーバーって何?

サーバーとは

そもそもサーバーとは、どのような役割をしているのでしょうか。

 

WordPressとサーバーの関係性を図にしてみました。

WordPressとサーバーの関係

 

サーバーは【土地】のイメージです。

 

WordPressを運営するためには、

土地を持っているサーバーから土地を借りて(レンタルサーバー)、

そのサーバーにWordPressをインストールする必要があるんです。

 

ウェブサイト作成者は、

作成したウェブサイトの情報を契約しているサーバーにアップロードします。

 

閲覧者はブラウザ(Google Chrome・Internet Explorer・Firefox・Safariなど)

を通してウェブサイトにアクセスします。

 

するとサーバーは、保有している情報を閲覧者に表示する、

という仕組みになっています。

 

共用サーバーと専用サーバー

サーバーはいろいろありますが、大きく分けて2つの種類があります。

 

【共用サーバー】と【専用サーバー】です。

共用サーバーと専用サーバー

 

共用サーバーはシェアハウスのイメージ。

(共通の入り口に共通のリビング、でも個人の部屋がある)

 

専用サーバーは一人暮らしのイメージです。

 

共用サーバーでは、1台のサーバーを複数人で共有しています。

だから費用を安く抑えることができます。

 

でも、同じサーバー内の他の人が運営しているウェブサイトに

アクセスが殺到すると、サーバーにとても負担がかかってしまい、

サーバーが停止してしまう可能性もあります。

 

すると、サーバーが復活するまでは、

自分のウェブサイトにも正常にアクセスができなくなってしまいます。

 

一方、専用サーバーは自分だけが使用しているので、

他のウェブサイトの影響を受けることはありません。

 

その代わり、費用面では共用サーバーに比べて高くなっています。

 

エックスサーバーがおすすめな理由

当ブログは、【エックスサーバー】というサーバーに

WordPressをインストールして運営しています。

 

専用サーバーですが、月々に支払っているのは1,000円です。

(初期費用は3,000円かかります)

 

まとめて払うともっとお得になります。

 

アフィリエイトでお金を稼ぐなら、

たくさんの人に自分のウェブサイトを見てもらいたいですよね。

 

だから、アクセスが集まっても安心できるサーバーに登録したいんです。

 

エックスサーバーがおすすめな理由はたくさんありますが、

特におすすめな理由は以下の2つです。

 

一番安いプラン(X10)でも安定している

私が契約しているプランです。

まだ収益がないときは、特に費用面は気になりますよね。

 

先ほど月々1,000円と言っていましたが、

毎月の支払いではなく、3か月以上の更新期間分のまとめ払い制です。

 

本当はもっと細かく選べるのですが、比較のために少しピックアップしました。

 

3か月更新 1,200円×3か月=3,600円

12か月更新 1,000円×12ヶ月=12,000円

36か月更新 900円×36ヶ月=32,400円

 

この更新期間は更新時に変更することもできます。

 

初回契約時は、初期費用3,000円がかかります。

(上記費用はすべて税抜価格です)

 

この価格で十分な機能面と安定性です。

 

たくさんのアクセスがあっても問題なく表示できるし、

表示速度が速い、管理画面も軽い、ということで、ストレスなく使うことができます。

アクセスが一気に集中しても、エックスサーバーなら大丈夫

 

すでにウェブサイトを運営している方が、

【最初は違うサーバーを使っていたけど、結局エックスサーバーに変えた】

という話もよく聞きます。

 

アフィリエイターさんには、特に人気ですね。

 

独自SSLが無料で設定できる

独自SSLとは、データのやりとりを暗号化した仕組みのこと。

 

Googleでは、独自SSLが設定されていると【保護された通信】と表示され、

安心してウェブサイトを閲覧することができます。

 

これが追加費用なしで設定できるのでありがたいですね!

 

エックスサーバーの登録手順

では、次に、エックスサーバーの登録手順を見ていきましょう。

 

必要事項を入力する

 

◆エックスサーバーのサイトにアクセスします。

 

1.トップの「お申し込みはこちら」をクリック

お申込みはこちらをクリック

 

2.サーバー新規申し込みをクリック

pc_xserver.regi002

 

3.必要事項を記入

 

サーバーIDは、特に何かに使うわけではないので好きな英数字でOK です。

でも、すでに他の人に使用されている場合は登録できません。

 

プランを選択するのですが、最初は一番安いX10で十分です。

このプランでも複数のウェブサイトを運営できます。

 

4.必要事項を記入、申込み内容に間違いがなければ、「お申し込みをする」をクリック。

 

5.エックスサーバーから設定完了メールが届く。

このIDとパスワードで、インフォパネルにログインする

メールに記載されているユーザーアカウント情報の「会員ID」と「パスワード」で、ログインする。

 

※登録してから10日間は、無料お試し期間のため、ドメインの設定はできません。

 

 

料金の支払い

忘れないうちに、料金の支払い手続きをしてしまいましょう。

すぐにお金を支払っても、10日間は無料期間になるのでご安心ください。

 

 

1.インフォパネルの「料金のお支払い」をクリック。

料金のお支払いをクリック

 

2.更新期間の設定をします。

 

長くなるほど1ヶ月分の料金が安くなります。

料金は「銀行引き落とし」「クレジットカード」「コンビニ払い」「ペイジー」が選択できます。

「自動引き落とし設定」も可能です。

 

お好きな支払い方法を選択して、料金の支払いができたら、登録は完了です。

お疲れさまでした!

 

—–次のステップは【独自ドメインを取得する】です。

初心者でも簡単!エックスサーバーで独自ドメインを取得しよう
図解だからわかりやすい!WordPressをインストールする前に、まず独自ドメインを取得しましょう。エックスサーバーの契約ができたら、初心者の方はそのままエックスサーバーで独自ドメインを取得しちゃいましょう。断然設定が簡単になるのでおすすめです。